オンライン・ファシリテーション研究サロン

オンライン・ファシリテーション研究サロン

創設の趣旨・背景

創設の背景
「オンライン・ファシリテーションとは近年、技術の進歩により、Web会議システムを使ったオンライン会議、あるいは、ネット会議システムを使った学びの場、例えば「オンライン授業」や「オンラインワークショップ」の提供は、凄まじいスピードで広まろうとしています。
 
日本ファシリテーション協会(FAJ)においても、支部内、あるいは支部間を越えた活動において、オンラインのでのミーティングが活用されつつあり、距離の制約を越える手法として期待が高まっていると考えます。
 
しかし、FAJ内外において、オンラインでのワークショップも数例行われてはいますが、技術的品質とファシリテーション・ワークショップの品質の両面から、そのニーズに対し、必ずしも十分に品質が確保されて開催されていない場合もあります。
この課題を解決し、FAJの現在のテーマである「越えてつなげる」をさらに加速させることをその目的としています。

オンライン・ファシリテーション研究サロンが目指すこと

  • オンラインファシリテーション研究サロンは、オンラインで開催するワークショップの手法について研究するサロンです。
  • 開催のためのIT技術的探求だけでなく、オンラインで開催するワークショップの設計についても研究します。
  • さらに、オンラインならではのワークショップを創出を目的としています。本サロンは、ここに共感する人々のコミュニティであり、研究と学びあいの場です。

本サロン活動の重要ポイント

1.オンライン・ワークショップ開催の為の知見の収集、および技術的研究、ワークショップデザインの検討と実施を行う
2.オンラインミーティング、会議における最適な話し合い手法の研究する